バックアップ

『7 on Shuttle』

実験用ベアボーン機 Shuttle SS21TWindows7をインストール。
ずいぶん前のハードウェアなので、Windows7用のドライバをわざわざ提供してくれることは期待しない。と同時に「枯れたハード」であるのでWindows自体が何とかしてくれるでしょ、という期待持っての作業。

dm_fixマザーボードに載っている以下のチップ類は、メーカからのドライバ提供は無し。その代わりにWindows標準ドライバで運用可能。

  • チップセット SiS 761GX / 966L
  • オンボードグラフィック SiS Mirage 1 →”Windows標準VGA” として動作
  • NIC SiS190 100/10  → スペック表はなぜか Realtek 8201 であるが、実際はこちらであった

以下のチップは、Windowsインストール直後はドライバ未適用。ただし、Windows Update を実施後にドライバ適用が可能となる。

  • Realtek 655 AC97

せっかくなので、インストール完了後のデバイスマネージャのスナップショットを上げておく。
VirtualBoxのインストールとか、SilのSATAカードを増設作業をしたあとにスナップ取得したため、仮想のNICその他が余計に紛れ込んでいるけれどそれは気にしない(笑

#画像はクリックすると拡大表示します。

といった感じで、インストール完了後のシステムプロパティはこちら。

system1

そして、注目のスコア! …グラフィックさえ何とかなれば、満足の数字なんだけど(笑)。
まぁ、でもゲームするわけでもなし、手数が少なく片付いたのでよしとしよう。

score